MENU
fxfay もも
FX歴8年。ひきこもりFXトレーダーです。
ファンダメンタルズ追いつつ、テクニカルでのスキャルトレードが得意です。
3年前から勝てるようになり「毎月月収100万円」達成、1000万円超えに増やすも、ふとした気の緩みやロットはりすぎ、トレンド違いを受け入れられないなどから大きく損失。
勝ち方より、「資金管理」と「メンタル」が大切と痛感。確実に資産を増やせるトレーダーめざしてます。

FX|いろんな「証拠金」の違いわかりますか?資金管理には理解が必須!

証拠金」ってなんなの?
証拠金?必要証拠金?有効証拠金?証拠金維持率???
いろんな証拠金って名前がありすぎるし、わかんない!
あたまごちゃごちゃ!

そうですよね。
とっても大事なことなので、ちゃんと理解したほうがいいですよ。
負けないためにも、とっても重要です!

証拠金って名称のつくものの関係、しっかり説明しますね!


海外FXってどんなもの?まずはリスクゼロで体験してみたい人!
口座入金せずにもらった期間限定1万5000円で即トレード!
入金0円でも利益は出金できます♪
心強い365日24時間日本語チャットサポート!
FXGT|新規口座開設キャンペーンはこちら!

目次

証拠金(保証金)ってなに?

FX取引をするには、自己資金を取引業者に預けなけばなりません。
それなら、「口座残高」って言葉でいい気がしますが、FXにはレバレッジと言われる、取引するFX業者が決めた、預けた資金の ”〇倍”で取引できますよって、倍率があります。

つまり、レバレッジをかけた取引をするために、保証金として預託する資金となるので、「証拠金」という呼ばれ方になります。
なお、FX業者によっては「保証金」と書かれている場合がありますが、同じです。

レバレッジってなに?

レバレッジとは、
自己資金だと1倍の取引
しかできないところ、
証拠金(自己資金)×レバレッジ倍率
の資金があるものとみなされ、自己資金以上の金額で取引ができる仕組みです。

レバレッジは
国内の金融商品取引業者に登録をしているFX業者の場合だと、日本の法律により最大25倍迄
の取引ができます。(海外FX業者で国内業者に登録しているところもあります(OANDA等)。)

自己資金1万円を預託(証拠金)とし、最大25倍をかけた場合だと、
1万円(証拠金)×25倍=25万円分
の取引ができるということになります。

日本の金融商品取引業者に登録をしていない海外FX業者の場合は、レバレッジの最大規制がないので、各FX業者それぞれが、レバレッジを決めることができるので、500倍、3000倍、無制限といった業者もあります。

レバレッジ1倍の場合(自己資金)

例えば、1万円を預けて、米ドル円の為替レートが100円のときに
米ドル円100通貨の買いポジション(100×100通貨=1万円)をとり、101円になったら、
100円(1円 ✕100 通貨)しか利益がでません。

レバレッジ25倍の場合(国内FX業者)

国内FX業者の場合は最大レバレッジ25倍なので、証拠金1万円×25倍=25万円分
の取引をした場合。

米ドル円の為替レートが100円のときに
米ドル円2500通貨の買いポジション(100×2500通貨=25万円)をとり、101円になったら
同じ1万円での運用なのに、
2500円(1円×2500通貨)の利益
になります。

レバレッジ1000倍の場合(海外FX業者)

日本の金融取引業者に登録をしていない、海外FX業者だと、日本の25倍迄レバレッジの規制対象外になるので、レバレッジは1000倍や、3000倍、無制限といった業者まであります。

レバレッジ1000倍の海外FX業者で、米ドル円の為替レートが100円のときに
米ドル円10万通貨の買いポジション(100×10万通貨=1000万円)をとり、101円になったら

同じ1万円での運用なのに、
10万円(1円×10万通貨)の利益

になります。

通常の両替だと1倍にしかならない為替差益が、おなじ資金しか出してなくても、
取引倍率(レバレッジ)を乗じた利益が得られる!
ということなのです。

取引はレバレッジ何倍でできるの?レバレッジ25倍でも常に25倍かけるのではない!実際は0倍~25倍迄ということ

レバレッジ25倍ってことは、1万円いれたら25万円分の取引をしなきゃだめってことなの?

ちがいますよ~。
25万円分の取引をしたいときに、1万円で取引できますよ!ってこと。
取引の量は預けてる証拠金を管理して、自分で選ぶんです。
取引する業者の書いているレバレッジは最大です。
25倍なら25倍迄。1000倍なら1000倍迄取引可能ってことですよ!

レバレッジの倍率が25倍ってことは、
自分の預けた証拠金(自己資金)の25倍分の取引を常にしているということではありません。
取引をするときの「必要証拠金」が取引額の25分の1ということです。

1万円を預けると、
1万円×25倍=25万円分迄
の取引ができます。

逆にいうと、
25万円の取引
をするには、

25万円÷25倍=1万円のお金(必要証拠金)が必要
ということです。

なので、1万円を証拠金(自己資金)でいれた場合に
米ドル円レートが100円で、1000通貨を購入
したとします。

そのときの取引額は
100円 × 1000通貨=100,000円
10万円分の取引をしているということ。

国内FX業者では最大レバレッジは25倍です。
証拠金として預けた10000円はポジションをとった時点では損益±0円なので、損益を加味した有効証拠金も10000円です。
このとき、レバレッジは何倍かけているでしょうか?

100000円(取引額) ÷ 10000円(有効証拠金) = 10倍(レバレッジ)

25倍以下なので、取引することができます!

ってことです!


レバレッジは、25倍を10倍に等少なく変更できるFX業者もありますが、できない業者もあります。
ですが、そもそもレバレッジが高いというのは、その取引量をとるのに最低必要となる「必要証拠金(取引額÷レバレッジ倍率)」が少額ですむことです。

証拠金(自己資金)に対し、取引額を少なくすれば「証拠金維持率」は、高くなります。
そうすることで、実際に効いているレバレッジ(実効レバレッジ)の調整をすることができます。

レバレッジは高いほどに、たくさんの取引ができるだけです。
レバレッジが高くても低くても、取引量が変わらなかったら、利益も損失もおなじです!

レバレッジ25倍実際は1倍~25倍迄ということ。フルレバレッジと実効レバレッジとは?

フルレバレッジとは、レバレッジの最大倍率で取引をすることです。

例えば、
証拠金(自己資金)10万円レバレッジ25倍の取引業者で、フルレバレッジ(25倍)をかけると、
10万円 × 25倍 = 最大250万円分
の取引が可能です。

実効レバレッジとは、「実際に効いているレバレッジ」のことです。
有効証拠金(証拠金取引中ポジションの含み損益を合わせた実際の証拠金(口座残高))に対する、現在取引している総額の実際のレバレッジです。

取引額 ÷ 有効証拠金 = 実効レバレッジ

<10万円を証拠金(自己資金)にして、2万5000通貨(フルレバレッジ)250万円分購入例>

(A)米ドル円レート
(B)損益
③98円に下落
(▲2円)
①100円で購入
(±0円)
②102円に上昇
(+2円)
(C)取引量2.5万通貨2.5万通貨2.5万通貨
(D) 含み損益5万円0円5万円
(E)取引額
A × C
245万円250万円255万円
(F)最大レバレッジ25倍25倍25倍
(G)必要証拠金
E ÷ F
9.8万円10万円10.2万円
(H)有効証拠金
10万円(証拠金) ± D
5万円10万
*自己資金(=証拠金)
15万円
(I)証拠金維持率
H ÷ G × 100
51.02%100%147.05%
(J)実効レバレッジ
E ÷ H
49倍25倍
(フルレバレジ)
17倍
レバレッジリスク レバレッジ高(含み損増)        レバレッジ低(含み益増)
     

①米ドル円レートが100円の時に2万5000通貨を購入したとすると、
(A)100円 (=(B)±0円) ×(C)2.5万通貨 = (E)250万円分
の取引をしているときになります。

そのときの実効レバレッジは、
(E)250万円(取引額) ÷ (H)10万円(有効証拠金)= (J)25倍(実効レバレッジ)

最大レバレッジが25倍なので、実効レバレッジ25倍と同じこの状態を「フルレバレッジ」と言います。

②この取引で米ドル円100円が102円に上昇したとすると、
102円 – 100円(=(B)2円) ×(C) 2.5万通貨 = (D)5万円(含み益)
10万円(証拠金) + (D)5万円(含み益) = (H)15万円(有効証拠金)
(D)255万円 (取引額)÷(G)15万円(有効証拠金) = ( I )17倍(実効レバレッジ)

③この取引で米ドル円100円が98円に下落したとすると、
98円 – 100円 (=(B)▲2円) ××(B) 2.5万通貨 = (C)▲5万円(含み損)
10万円(証拠金) + (C)▲5万円(含み損) = (H)5万円(有効証拠金)
(E)245万円 (取引額)÷(H)5万円(有効証拠金) = ( J )49倍(実効レバレッジ)

レバレッジは低くなれば低くなるほど、安全な運用をしていることになります
(危険)②実効レバレッジ49倍 > ①実効(フル)レバレッジ25倍 > ③実効レバレッジ17倍(安全)

ですので、はじめからフルレバレッジで25倍をかけるより、口座にあわせた自己資金(証拠金)にあわせて、レバレッジを調整する必要があります。

<10万円を証拠金(自己資金)にして、1万通貨を購入例>

(A)米ドル円レート
(B)損益
③98円に下落
(▲2円)
①100円で購入
(±0円)
②102円に上昇
(+2円)
(C)取引量1万通貨1万通貨1万通貨
(D)含み損益2万円0円+2万円
(E)取引額
A × C
98万円100万円102万円
(F)最大レバレッジ25倍25倍25倍
(G)必要証拠金
E ÷ F
3.92万円4万円4.08万円
(H)有効証拠金
10万円(証拠金) ± D
8万円10万
*自己資金(=証拠金)
12万円
(I)証拠金維持率
H ÷ G × 100
204.08250%294.11%
(J)実効レバレッジ
E ÷ H
12.2510倍8.5倍
レバレッジリスク レバレッジ高(含み損増)        レバレッジ低(含み益増)
     

証拠金(自己資金)10万円レバレッジ25倍の取引業者で、フルレバレッジ(25倍)をかけると、
10万円 × 25倍 = 最大250万円分
の取引が可能です。

つまり、米ドル円レートが100円のときだと、
250万円 ÷ 100円 = 2万5000通貨分迄取引が可能
ということです。

取引額 ÷ 有効証拠金 = 実効レバレッジ

そこで、
①米ドル円レートが100円の時に1万通貨を購入したとすると、
(A)100円(=(B)±0円) × (C)1万通貨 =(E)100万円分
の取引をしているときになります。
そのときの実効レバレッジは、
(E)100万円(取引額) ÷ (H)10万円(有効証拠金)(J)10倍(実効レバレッジ

②この取引で米ドル円100円が102円に上昇したとすると、
102円 – 100円 (=(B)+2円) × (C)1万通貨 = (D)+2万円(含み益)
10万円(証拠金) + (D)2万円(含み益) =(H)12万円(有効証拠金)
(E)102万円(取引額) ÷ (H)12万円(有効証拠金) = ( J )8.5倍(実効レバレッジ)

③逆に米ドル円100円が98円に下落したとすると、
98円 - 100円(=(B)▲2円) × (C)1万通貨 = (D)▲2万円(含み損)
10万円(証拠金) - (D)2万円(含み損) = (H)8万円(有効証拠金)
(E)98万円(取引額) ÷ (H)8万円(有効証拠金) =(J) 12.25倍(実効レバレッジ)

証拠金と必要証拠金、有効証拠金の違い

必要証拠金

「必要証拠金」は、レバレッジをかけて取引をするときに、最低必要となる金額です。

米ドル円が100円の時に、10万通貨の取引をしているとき、
100円 × 10万通貨 = 1000万円
の取引をしていることになります。

そして、1000万円の取引をレバレッジをかけて行うときに必要となる「必要証拠金」
1000万円(取引額) ÷ レバレッジ倍率

レバレッジ倍率25倍の場合だと、
1000万円 ÷ 25倍 から、
40万円が「必要証拠金」となります。

取引額1000万円
最大レバレッジ1倍25倍400倍
必要証拠金1000万円40万円2万5000円
必要証拠金額量 (低レバレッジ)多く必要        (高レバレッジ)少なくてよい
  
有効証拠金

有効証拠金は、証拠金(自己資金)に、取引をしているポジションの含み損、含み益をプラスマイナスした、その時に決済したとすると、口座に残る金額です。
有効証拠金=証拠金+含み損
       or
有効証拠金=証拠金-含み損

有効証拠金(A)+(B)(A) 証拠金(自己資金)(B) 含み損益
1万円1万円0円
1万2000円+2000円
8000円▲2000円

証拠金維持率とロスカットってなに?

証拠金維持率ロスカット

証拠金維持率
証拠金(自己資金)に含み益や含み損を、プラスマイナスした、その時点での自己資金「有効証拠金」が、もっているポジションの取引に必要な「必要証拠金」に対して、どのくらいの割合(余裕)があるか。
という比率になります。
証拠金維持率(%)=有効証拠金 ÷ 必要証拠金

ロスカット
証拠金(自己資金)から含み損をマイナスした、その時点での自己資金「有効証拠金」が、必要証拠金を下回ったときに、強制的に決済(ロスカット)される、証拠金維持率のレベルがあります。

そのレベルは、取引する業者によって100%であったり、20%であったりと異なります。

そして、取引中の有効証拠金が、各FX会社の定めるロスカットレベルを下回ると、強制的に決済されることを「ロスカット」といいます。

ロスカットが正常に行われると、強制決済されたロスカットレベル以下の残高は口座に残るので、自己資金を全て失わないで済むことになります


下記表は、
ロスカットレベルが20%のFX業者で、
米ドル円100円10万通貨(1000万円分)の買いポジション
をとったときの、証拠金維持率です。

レバレッジ25倍の国内FX業者
・レバレッジ400倍の海外FX業者

それぞれで同じ取引をした場合、
レバレッジが高い海外FX業者の必要証拠金のほうが、少なくてすみます。

必要証拠金が少ないということは、ロスカット率が同じ20%だと、ロスカット後に残る口座残金も少なくなります

下記のケースでは、
25倍のFX業者は、含み損が32万円になったときにロスカットになり、自己資金は8万円助かりますが、
400倍のFX業者では、含み損が39万9500円にてロスカットになるため、自己資金は5000円しか残りません。

つまり、同じ証拠金で取引をするのであれば、レバレッジが高い(400倍)ほうが、ロスカットになりにくいですが、実際にロスカットされてしまった場合に残る証拠金残高は、少なくしか残せないことになります。

レバレッジ25倍400倍
証拠金40万円40万円
必要証拠金(ドル円100円で買いポジション)40万円2万5000円
レート含み損益有効証拠金証拠金維持率
102円20万円60万円150%2400%
100円0円40万円100%1600%
98円▲20万円20万円50%800%
96.8円▲32万円8万円20%(ロスカット)320%
96.05円▲39万5000円5000円20%(ロスカット)

海外と国内FXってどう違うの?FX業者の選び方は?読んでくださるとうれしいです!

厳選FX業者|やっぱり取引コストが少なく日本語サポートがしっかりした業者さんがおすすめ!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

FX歴9年。ひきこもりFXトレーダーです。
ファンダメンタルズ追いつつ、テクニカルでのスキャルトレードが得意です。
3年前から勝てるようになり「毎月月収100万円」達成、1000万円超えに増やすも、ふとした気の緩みやロットはりすぎ、トレンド違いを受け入れられないなどから大きく損失。
勝ち方より、「資金管理」と「メンタル」が大切と痛感。確実に資産を増やせるトレーダーめざしてます。

目次